Amazon fba納品送料を安く済ませる方法その2

スポンサーリンク
Pocket

Amazon fba納品送料を安く済ませる方法 その2

やまる_です。

その1の続編となります。

その1をまだ見ていない方は

こちらから見れます

↓ ↓ ↓

amazon fba納品送料を安く済ませる方法 その1

その⒉ 運送業者と交渉し独自契約運賃の特約価格を獲得する方法
 
日本郵便 佐川急便 ヤマト運輸 西濃運輸 など

メリット: ・交渉次第で他のサービスよりかなり安価な価格で発送出来る。

      ・発送伝票に発送者の記載された伝票を運送業者に用意して貰える

      ・お客様へ直接納品する場合、運賃が知れる事がない

      ・代引発送の契約をする事が出来る

デメリット: ・大口契約となる為、数百個の発送量を求められる(最低500個以上/年など)

       ・年間契約数に至らない場合は値上げが待っている

       ・安価な契約締結までは結構な難関

       ・月一回の支払いなので現金が不足すると焦げ付く

注意すべき点は

交渉は何度も出来ると思っていて、

最初はちょっと提示される価格が高くても

大丈夫と思っている人も多いようだけれど

再チャレンジや価格を下げる交渉の方が

新規で最初に値引きをお願いするより

ハードルが高くなる傾向がある為

最初の交渉が肝心だよ。

だけれど、

通常のサービスを利用するより

運賃が安くなるってだけでも

ずっとお得&有利にビジネスが出来る様になるんだよね。

だから

是非、契約運賃にもチャレンジして欲しいと思う

※因みにやまる_は、2社に契約して貰う事が出来て

 関東~関東なら

 ・佐川急便は160サイズ¥570(税別) ← 定価は¥1839

 ・日本郵便は140サイズ¥535(税込) ← 定価は¥1610

での発送が可能だ。

もっと安く契約出来ている業者さんも

勿論いると思うけれど

年間1000個以上出します! とか

繁忙期は一週間で50個以上は楽勝で出荷しますとか

明らかに嘘っぽいことを言って値下げ要求した挙句

まったく現実が追いつかないという

実績未達が確実な強引な値引き要求をすると

運送業者さんに嫌われて、

後日に大幅値上げをされかねないので

嘘も方便とは言うものの

度量をよく考えて臨んで欲しいと思う。

ちなみに

私、やまる_は

上記の様な運賃を提示して貰えるまで

かなり手間が掛かった。

現在の運送事業者さんは

運賃の値下げより

むしろ値上げを狙う傾向がある(私、やまる_の会社もそうだから)ため

個別に運送事業者と契約運賃を

特約でとお考えのあなたは

是非、早い段階で契約話を持ち出すことを

お薦めします。

貴方のビジネスに

お力になる事が出来れば

幸いです。

次回は ↓ ↓

ヤフオク手数料の変更で 買い物はしやすくなる?



話は変わりますが、ここからはお知らせです。

私のブログを読んで下さっている貴方が

せどりという副業に取り組んでいたり興味があったら

「情報発信」も是非始めた方が良いです。

私がネットビジネスに本腰入れてから

数ヶ月で副業で稼ぎを得れる様になったのは

「せどり(物販)」「情報発信」両立させたから

だったりします。

これが「せどり」だけであれば後々のことを考えると
目指している月収10万円ですら、なかなか到達しづらく
いつまでたっても仕入れ→梱包→発送という

労働収入から抜け出せませんし、在庫も数多く必要です。

私はトラック運転手稼業ですから

家に帰れない事も多々あります。

「確かに稼げるけど、何処まで作業量増やせば良いんだ?」

100万売上を越えた頃に、疑問を感じて来ました。


そんな時せどり」ノウハウ

収入に変える仕組みと偶然に出会いました☆


「せどりのノウハウをお金に変える」

こんな方法が私でも出来るとは...


「在庫」と「資金繰り」概念の無い情報発信は

せどりと違い、1度仕組みを作れば

後は自動的に収益を発生させてくれる仕組みです。

ここまで読んで下さったあなたも同じ様に

プラスの収入を右肩上がりに増やしましょう。

そのために必要なステップについて
こちらの無料メール講座で詳しく解説してくれています。

↓ ↓ ↓

※期間限定の無料特典

個人情報入力不要で稼げる手法も完全無料。

手に入る今のうちに

忘れずに登録しておくだけでも損はないですよ☆

☆今登録すると、全8章から成るマニュアルと70本以上の動画で構成されているせどりの参考書「Sedori Master Edition」が無料でもらえます。

【ご登録のご注意】 ↓ ↓ ↓

メインメールアドレス「以外」を利用したい場合はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る