Amazon FBA 納品

Pocket

Amazon FBA 納品

Amazonには、FBA(フルフィルメント バイ アマゾン)という

サービスがあるのは

貴方は既にご存知でしょうか?

http://80yamaru.com/FBAとは?

私より

きっと訪問して下さった貴方の方が

ずっともっと

知ってますよね。、、

かんたんに説明しますね。

対象とする商品をAmazon.が運営する倉庫(アマゾンフルフィルメントセンター)へ納品し

受注管理~出荷~カスタマー対応をAmazon.co.jpが代行してくれるシステムの事。

当該対象商品は

国内配送料無料・Amazonプライム・ギフトサービスの適用などがあり

そして、受注/配送/カスタマーサービスの質は

Amazon.co.jp本体が扱う商品と同等に扱われる

というもの。

つまり

通常の出品者が

一般購入者(カスタマー)がAmazon.co.jpに買い物にWEBから訪れた際に

あたかも、

Amazon.co.jpが販売しているかのように見えるという状態の

販売ページ(カタログと呼ばれる)へ

出品される事を指します。

このFBAサービスを利用する事が出来るのが

現在、Amazon.co.jpが

せどり・中国輸入など

転売している人たちに人気の理由の一つな訳です。

何故なら

作業負担が、

物凄い軽減されるから。

一寸

考えて見て欲しい。

毎日の発送業務は

専業で物販をしている方はいいとして

副業でやっている人が

毎日AM中に注文の入った商品を

夕方までに梱包して出荷する業務を

多数こなせるだろうか?

また、

副業でやっているのに

日中に職場へ掛かってくる

カスタマーの対応を

行うことが出来るだろうか?

勿論、可能な人も

きっといるだろう。

だが、このサイトを訪れた殆どの方は

これらの梱包・発送 と

カスタマー対応に

自由に時間が避けない人が

多いのではないだろうか?

きっと、あなたも

その一人かも知れないですね。

そんな人の

強い味方が

「FBA」という

Amazonの最強のシステムなのです。

日々、

梱包と発送に併せ

時間の制約の中で

出来るだけ早く発送すると言う事。

さらには

在庫となる商品を

手元においておくだけの

スペースを確保する事

ついでに

宅配便で自宅等から発送すると

送料が非常に高くつくこと

副業として物販をする場合のネックは

これらの事が不安要素を占めているかと思われます。

これらを

全てAmazon.co.jpへ任せてしまい

手数料で解決するという手段。

これが、「FBA」 

このシステムがあるおかげで

サラリーマンでも主婦の方でも

日々、業務ばかりに追われる事なく

副業がかんたんに出来る様になった

という訳なんですよね。

つづく

 


ところで、私のブログを読んで下さっている貴方が

もしせどりという副業に取り組んでいたり興味があったら

「情報発信」も是非始めた方が良いですよ。

私がネットビジネスに本腰入れてから

数ヶ月で大きく副業で稼げる様になったのは

「せどり(物販)」と「情報発信」を両立させたから

だったりします。

これが「せどり」だけであれば後々のことを考えると
目指している月収8万円ですら、なかなか到達しづらく
いつまでたっても仕入れ→梱包→発送という

労働収入から抜け出せませんし在庫も数多く必要です。

私はトラック運転手稼業ですから

家に帰れない事も多々あります。

「確かに稼げるんだけれど、何処まで作業量増やせば良いんだ?」

100万売上を越えた頃に、疑問を感じて来ました。


そんな時「せどり」ノウハウ

収入に変える仕組みと偶然に出会いました☆


「せどりのノウハウをお金に変える」

こんな方法が私でも出来るとは...
とても感動した事を今でも忘れられません。


在庫と資金繰りの概念が無い情報発信は

せどりとは違い1度仕組みを作れば

後は自動的に収益を発生させてくれる物です。

しかも、
稼げる金額はせどりの何倍も可能です。

ここまで読んで下さったあなたも私と同じ様に

プラスの収入を右肩上がりに増やしてみましょう。

そのために必要なステップについて
こちらの無料メール講座で詳しく解説してくれています。

↓ ↓ ↓

※期間限定の無料特典

個人情報入力不要で

稼げる手法も完全無料で手に入る今のうちに
忘れずに登録しておくだけでも損はないですよ☆

☆今登録すると、全8章から成るマニュアルと

 70本以上の動画で構成されているせどりの参考書

「Sedori Master Edition」が無料でもらえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る