大型トラック・リミッター解除の通報制度【悪用厳禁】 ★90キロしか出ない大型トラック

スポンサーリンク
Pocket

大型トラックリミッター解除の通報制度【悪用厳禁】 ★90キロしか出ない大型トラック

「うぉ! なんか早くない~!???」

バックミラーをみて思わず叫ぶ時ないですか?

詳しくは、後半で。。。

高速道路を走る時

遅いトラックを、

ちょっとだけ早いトラックが

なかなか追い抜けない中

走行車線と追い越し車線を塞ぎ

なかなか 前を譲ってくれない状況を

何度か遭遇した事が、あると思うが

どうだろう?

IMG_20160301_073106

※写真と本文は一切関係ありません

ご存知かとは思うのだけれど

現在の大型トラック

(4t車以上の車両。ナンバープレートが大きい車両)では

全てのトラックに速度リミッターがついている。

制限車速は、僅か90キロ/h

その

速度リミッターとは

90キロを越えると 燃料の供給を遮断し

エンジンの吹け上がりを止める というもの。

しかし

トラックに乗った事がある人なら分かることだが

このリミッターの欠点というか

効果を発揮しないポイントが

下り坂である事は、よくご存知だろうと思う。

(※ 因みにバスなど1ナンバーでは無い車両や

 例えば健康診断バスなどはリミッター装着は無い)

大型トラックは

積荷によっては 大型車で

合計車重が合計20tを越えるものが

道を転がって走っている訳なので

下り坂なでは

リミッターなど関係なくなり

エンジンブレーキ(排気ブレーキ)を

効かせないと

簡単に 120km位 出てしまうし

下りの急勾配では ほっとくと

140キロ位は出ちゃうw

そんな大型トラックなんだけど

90キロリミッターが装着されて

早10年以上経つと記憶するが

最近、リミッターを解除というか? 

ご認識させている車両なのか? 

と、思わず感じてしまう車両も

時々見かける。

特に新東名高速が、浜松~豊田まで延伸し

関東~中京圏への直線道路が大幅に増えたなか

90キロという速度制限は

急いで走らざるを得ない物流の現況では

勿論会社や依頼内容によって、、、では、あるのだが

時に、非常に厳しいものがある。

大型車の速度リミッターに対する

推奨や反論をしたりする気は

まったくないのだけど

やはり、急いでいる時に

このリミッターは本当に厄介な存在ではある。

なんと言っても

延着しては、ならない・・

それが、このトラッカー稼業の

絶対譲れないところだからだ。

荷台に積み込まれた商品の時価は

数十万~数千万円程になるだろうか。

基本的に、余裕溢れる時間配分を

輸送に割り当てて貰えない事が非常に多く

事故や急な工事での渋滞は

本当にドライバーと会社を泣かせてくれる。

しかし

納入時間に遅れる訳には、いかない。

これは

この業界では無言の掟の様な存在。

高速道路で遅れが生じていて

急いで走る時にさえ

遅い前車を追い越したい時

速度が伸びない様は

本当に焦れったいというか

実にイヤらしい装置とも言えるだろう。

この大型車のリミッターを

解除して走行する事について。。。なのだけれど

私は、いままで違法という認識は

全く無かった。

理由は 

高速道路は 多くが100km/h制限であり

大型の車両も

それに基づけば問題ない。。。

と思っていたから。

しかし、

実際には

全日本トラック協会に

「通報受付」 などというページまであり

通報を受けた場合、

指導/車検(車両の状況検査) を受ける場合があるというのだ。

★通報ページ

だが

中には悪用する人もいるものであろう。。。なので

これを逆手にとって

嫌がらせ通報する

同業者も居るとか 居ないとか。。。。(´Д`;)

(ipアドレスもあるので、悪戯通報はやめましょう)

そんな

色々な物議を醸し出す?

大型車のリミッターなのだけれど

知り合いの整備士によると

解除というか、車速を誤認識させて

増速させる方法も、あるらしいのだが。。。。

(つづく。。。)

聞いた話は こちらから

↓ ↓

http://80yamaru.com/post

IMG_20151130_102233_R


「100円から始められるの?!」

新感覚投資ツールを、只今

12月上旬迄の「期間限定」で無料配布中❢

あなたも「リスク0」で稼ぎませんか?

必要なものは以下の2点 だけ。

■インターネットに接続されたPC

■収益受取の為の銀行口座

詳しくはこちらで確認して下さいね。

覗いて見るのはタダです❢

  ↓ ↓ ↓

muryo-haifu

※個人情報入力不要ですので、ご安心下さい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る