Amazon fba納品送料を安く済ませる方法 その1

スポンサーリンク
Pocket

Amazon fba納品送料を安く済ませる方法 

 

FBA納品

これは、Amazonで物販をする場合

フルフィルメントセンターへ送る(つまり納品する)という

Amazonプライムで出品する際に

必ずと言って良いほど、誰しもが通る道である。

競合するライバルが

自分と同じ商品を売り出した時

一般的には

①Amazon.co.jp 本体の出品

②Amazonプライム出品者(FBA納品している出品者)

③自己発送出品者

の順で、優位に販売出来るとされている。

①のAmazon.co.jp本体の出品がある際には

価格が同一でも「カート」が取れないという状況にあるのだが

②Amazonプライム出品者(FBA納品している出品者)からすると

③の自己発送出品者

同じく同一価格では、「カート」取得面で

絶対に②のFBA出品者の方が優位なのである。

だから、

「カート」をとるためにも

Amazonで売る際には

なるべくFBA納品して販売した方が有利なんだよね。

でも、

悩みとなるのは

納品作業の為にFBAセンターへ送ると

通常発送する際につかう

100~160サイズの 宅配便送料が高いって事。

しかも、最近は

Amazon.co.jpに

FBA納品先を固定の申請をしておかないと

全国のFBA納品センターへ自動的に分散され

各所へ発送する様にAmazon.co.jpが指示する為、

何個もダンボール箱を用意したり

あれこれと仕分けし直したりと

荷造りもホントに大変だし、

例えば数種類の商品を一いっぺんにFBA納品しようとした時に

3箇所に分散して発送せよ!

などと、指示されたら

160サイズ1箱に収まる分量の商品であっても

数箇所に発送する事によって

Amazon.co.jpのFBAセンターへの送料だけで、

実に

¥4~5千円以上は、掛かる(;´∀`)計算に・・・

佐川 関東送料

【佐川急便:関東~関東への送料】

そこで、格安となる発送方法を探す訳なのだが。。。

【安価なFBA納品】方法とは?

その1. 安価なFBA納品サービスの提供を受ける方法

●エコムーFBAサービス

こちらは 最安で

全国の各FBAセンターまで

160サイズが¥980で発送出来る新サービス

発送先の住所をいちいち手書きで書かなくても

発送集荷依頼の際にプルダウンメニューから

選択する事が出来るから

非常に効率も良い!

FireShot Capture 36 - 料金体系 Amazon FBA利用者専用「エコムー便」 ~160サイズ9_ - http___www.eco-moving.net_f_price.html

詳細は こちらから確認して欲しい

 ↓ ↓

980円~ 160サイズ FBA納品出来るエコムー便

●FBAパートナーキャリア

Amazon.co.jpが日本郵便と提携してFBA出品者へ提供する

利用料金はFBAパートナーキャリアの配送料としてペイメントに計上され、

配送依頼時に配送業者へ支払う必要はない というもの。

ややこしい&決済方法確定までの煩わしさがない為

こちらも結構便利な方法だよ。

特別配送料金は日本国内から

以下のフルフィルメントセンターへの納品に対して適用されるんだ。

対象フルフィルメントセンター

市川FC(NRT1)、八千代FC(NRT2)、多治見FC(NGO2)
小田原FC(FSZ1)、川越FC(NRT5)、川島FC(HND3)
堺FC(KIX1)、大東FC(KIX2)、鳥栖FC(HSG1)

価格表はこちらを参考にして欲しい

 ↓ ↓

FBAパートナーキャリア 料金一覧

発送地域にもよるけれど

160サイズを基本とした場合は

エコムー便の方が安くなるって感じる人が

多いかなと思う。

だけれど、140サイズ以下の箱を送る場合は

FBAパートナーキャリア の方が

安価に感じる よね!

是非、こういった発送方法も

検討してみて欲しい。

参考までに

FBAパートナーキャリアの詳細は

こちらからも確認して欲しい

次回はその2

 ↓ ↓ ↓

運送業者と交渉し独自契約運賃の特約価格を獲得する方法


「100円から始められるの?!」

新感覚投資ツールを、只今

12月上旬迄の「期間限定」で無料配布中❢

あなたも「リスク0」で稼ぎませんか?

必要なものは以下の2点 だけ。

■インターネットに接続されたPC

■収益受取の為の銀行口座

詳しくはこちらで確認して下さいね。

覗いて見るのはタダです❢

  ↓ ↓ ↓

muryo-haifu

※個人情報入力不要ですので、ご安心下さい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る