自閉症・精神遅滞の二男が歌を歌う様になった【驚きの成長(・□・; 6歳で会話っぽくなってきた】

スポンサーリンク
Pocket

自閉症・精神遅滞の二男が歌を歌う様になった

【驚きの成長(・□・; 6歳で会話っぽくなってきた】

私、やまる_家の二男坊は

自閉症+精神遅滞の、障害児です。

6歳の誕生日まで、

本当に人間なのか?

と、本人に聞きたくなる位

「無感動」 と 

本当に言ってる事、わからないの?!

っていう程の「激高」

そんな噛み合わない、ひとりの世界の繰り返しだった。

そんな二男坊が、最近

朝から晩まで、歌を歌う。

まるでスピードラーニ●●の教材を

ずーっと聞いて覚えたかのような

たどたどしい日本語だけれど、。

でも、確かに

子供らしい歌を歌っている。

そう

日本語を話しているんだ、、、

この感動は

健常児の親では、きっと味わえないものだろうと思う。

ふつうが素晴らしい (‘∀`)スンヴァラッッスィィィィィィィ

この感動を、忘れない様にしたいと思った。

IMG_20160103_145638_R

2年半前の

私が仕事中に大怪我して、復職出来なかったとき

ヨタヨタしながら家族で初めて飛行機に乗って行った

沖縄旅行の記事を見つけたので、ここに置きます。

たった800日前

私達家族は、自閉症+精神遅滞の二男の 順応性の余りの低さに

物凄い悩み続けて来た事を、思い出した。

そして、いまの成長を

感謝しなければならない。。。と、改めて思う。

例え、フラフラと

ひとりで家の外へ出ていってしまう事があっても

この頃の苦しさを思い出すと

現在の大変さなんて、比較にならない程。。。w

【以下 2年前の記事から引用】

 ↓ ↓ ↓


ここから

家族での初めての遠くへの旅行来てます。

いままで長男と二男とで行ったことは一度も無かったのです。

理由は仕事の多忙もありましたが、二男が中度の自閉症の為に初めての場所や環境に適応出来ずに、沢山の行動に制約があった為です。

今回はいままでで一番高いハードルの「飛行機に乗る」がありました。
自閉症の子供は初めての場所や人が多く居るなどで、落ち着けなくなるとパニックを起こすことがあります。
しかも言葉が意味合いとしては、4歳の息子には殆どと言って良い程通じません。
ですので先に今後起こる事を絵やひらがなを書いたものを見せたりもするのが通例なのですが
それもあまりまだ理解出来ない。

なので、行き当たり成り行き次第なんですが。。。

予測がつかず

一度パニック状態になると、静かな落ち着ける場所に移動するしかなくなる場合が殆どです。

飛行機は人が一度に数百人乗ります。しかも穴蔵の様な独特の環境。そして轟音。慌ただしい雰囲気。
なので、何年間も見送って来ました。無理だろうと。

飛行機は一度乗り込むと、もう逃げ場が無いため、パニックになった時に対応が出来ません。

しかし、今回は
いまちょうど怪我が治る前で時間が取れる+一応歩けるという、絶妙のタイミング(ある意味自分にとって一番ダメな時期)なので、意を決してチャレンジしました。

案の定?飛行機乗る前の検査でかなり二男の様子が怪しくなり、飛行機乗ったら完全アウト!
もうかわいそうだから降りるか?
という話まで出ました。
しかし、私は今回の機会を諦めたら次の望みがなくなると思い譲らず諦めたくなかったので強行です(赦して:(T-T):)。

彼を押さえ付けるも逃げ回り、シートベルトにくくられるのも無理で、椅子の下や上や通路にのたうちまわり、妻と二人で30分以上格闘! 泣く叫ぶ暴れる、。。こっちもパニック?

大人の都合でゴメンと思いますが何とか頑張ってくれー(:_;)
(周りの方々すみませんでした)

このまま延々とパニック状態かと思いましたが、不思議な事に離陸りた途端、落ち着きを取り戻しました(嘘!?夢みたい)
優しいCAさんにも見守られて無事に南の島につきました。

子供が生まれてから
ずっと無理だろうと、妻と諦めてきた「普通の家族」としての旅。

言葉に出来ない位の思いとありがとうの感謝。
胸がいっぱいでした。

しかし、息抜きの旅に変わるのは
何年後なんだろうな~(笑)

しかし。。。
明日にはまた、帰りの飛行機。。。

なんとか無事に飛行機に乗れます様に|ヽ(~~。)

 ↓ ↓ ↓

南の島からの帰りの日が来ました。

前日の朝は
二男がなんと不覚にもホテルのレストランへ足がむくまで1時間も説得?に掛かるという予想外の事があり、下準備の大切さを改めて実感。

彼が何をしたくてこだわりを主張しているのか?を、しっかりと聞き届ける(言わないし言えないけど理解してあげる)事の大切さを改めて学びました。

自閉症の子供の特徴だそうですが、思い通りに行かないと癇癪を起こし、更に言うことを聞かないからと強制すると最終的にパニックに陥りお互いに辛くなるからです。

と、言うわけで前日の教訓から
朝からいま現在の彼の行動パターンを良く考えて、先回りして
更にホテルの方とも軽く打ち合わせをし、流れを作っていくと。。
驚く程スムーズに予定通りに動けること×2( ・∇・)

三日間を通して、新しい場所に来ても着いても、今までと比べて明らかに次々と慣れ親しんでいくスピードが上がった様子を見ていて、本当にこの旅に来てよかったと。
また沢山の方々の支えがあって、初めてこの旅にこれて居ることの感謝を、強く強く感じ
また、何事にもまず「最初から諦めない事」を改めて自分に言い聞かせました。

辛い時がどんな時にもどんなところでも、不意にやって来ます。
くじけそうになって希望を見失う時があります。が
必ずと言って良い程、その困難逆境に向かっていくことで、自分に成長が返って来ると。

二男自身も新しい出来事に弱く怖いだろうけど、きっと新しい出来事も楽しめる気持ちも共存できる様に思えて来てくれたのぢゃないかと?。
独り勝手に思う訳でした。

あー。

あと一年位ここで暮らしていたら、自閉症治っちゃうんぢゃないのー!?\(^▽^@)ノ
なんて思えてくる程、幸せな時間でした(実際は書くほどスムーズではないし、そんな事はないだろうと理解していますが)

さて、本日一番のメインイベントは
やはり二男の羽田への戻り飛行機の搭乗です。

昼過ぎに親子共々、空港に着いた辺りから、笑いながらも引き攣ってます(笑)

恐怖?の空港セキりュティゲートで、行きと同様のパニックスイッチ入らない為に、全ての金属製のおもちゃを隠して、プラスチック製のおもちゃと絵本だけを持たせて、何とかゲート通過。

JALの方にも、もはや堂々と
「子供が自閉症なのでアテンドお願いします」と、言える様にもなりました(最初は言うのがキツかった。ここは親の成長?)。

おかげさまで自分で歩いて機内に乗り込み、離陸するまで泣き出す事も一度もなく、しまいにゃ絵本抱いて寝てしまいました(笑)。

無事に家まで帰れそうです。

そうそう。長男くんも
しっかり弟を気遣い、頑張ってくれました。ありがとう。

最後に。。。

自閉症のお子様や障害の子供をお持ちの方々にも、今回の私達の旅が何かの励みになれば幸いです。

多分無理だろうからと、最初から諦めず、家族で同じ場所.空気を感じに是非勇気を出して出掛けてみて下さい。

乗り物の選択、宿や行く先の選択、食べ物への配慮や事情説明など沢山必要で本当に疲れます。ハッキリ言って楽しむって意味合いが他の方々とは違うかもなって風にも思います。

でも、
私は今回たまたまうまくいっただけかも知れませんが
やはりこれで良かったと思います。

子供と親の成長の為に、是非障害のせいにせず、思い切って旅に出掛けて下さい。
いっぱい一緒に疲れて来て下さい。

いつか行こうね!は、いつまでも行きませんし、行けません。
人任せにしても、障害を持った子供を抱えた家族を両手を上げて受け入れてくれる環境は明らかに少なく、ホントに世の中甘くないです。

でも
きっとその決意が最高の思い出に変わります。

子供の成長は、親を成長させてくれる一番の原動力でした。
そう思えた三日目でした。

(全文において上から目線の書き込みでしたことをお詫びします)

ここまで


夢だった家族旅行。

またいかなきゃね。

子供はいつまでも小さいままではなく

あっという間に大きくなって行ってしまうから。。。。

パパを応援していてねw

そういえば、こんな事もあったっけ。。。

 ↓ ↓ ↓

http://80yamaru.com/post-64/


「100円から始められるの?!」

新感覚投資ツールを、只今

12月上旬迄の「期間限定」で無料配布中❢

あなたも「リスク0」で稼ぎませんか?

必要なものは以下の2点 だけ。

■インターネットに接続されたPC

■収益受取の為の銀行口座

詳しくはこちらで確認して下さいね。

覗いて見るのはタダです❢

  ↓ ↓ ↓

muryo-haifu

※個人情報入力不要ですので、ご安心下さい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る