恐怖の駐車違反 最速3分で検挙 東京都内では特にご注意【大型トラックでも問答無用】

スポンサーリンク
Pocket

恐怖の駐車違反 最速3分で検挙 東京都内では特にご注意【大型トラックでも問答無用】

あなたは

駐車監視員という 一種の公務員が

近年、駐車違反の取締を

警察に代わって行っている事がある事実を

ご存知だろうか?

この

駐車監視員は 「みなし公務員」と呼ばれ

警察官になり代わり

大手を振って 街の駐車違反を

片っ端から取り締まる、

緑色の制服を着た 恐ろしい存在です。

そして

この駐車監視員による駐車違反の取締は、

本当に執拗且つ執念深いんだよね。

この方々が暗躍してくれるお陰で

以下の様な困った事が多数起こるんだ

そんな訳で、今日は其の辺を書きます。

近年の駐車違反の取締方法

貴方は、大型トラックなど

大きな車両であれば「駐車違反」を 免れられるとか

或いは、「違反切符を切られない」と思い込んではいないだろうか?

実態は・・・

まったくそんなことは無い

そこで

こちらをご覧いただきたい

IMG_20160701_123415_1-2

場所は大田区矢口の

国道1号線です。

ここは3車線ある通りで

あと数百メートル進むと、多摩川の橋を渡って

神奈川県の川崎市に入る寸前

そんな23区は大田区って場所。

ああ。。。

なんということだろう

あろうことか

長距離の10トン車が

ひと休憩とばかりにコンビニでトイレを借りて

そして買い物をしてる間に

そーっと 忍び寄る緑色の魔の手。

運転手が運転席に不在なのは確認した模様 (-_-;)

彼らはマジで 

取り締まり のプロフェッショナル 

お店の中から 「死角」となる大型トラックの後ろ側に行き

2分と経たずに違反を通告する「シール」の発行の手続きを

サッサと端末で しているではないか?!

私 やまる_も その昔

牛丼屋へ入る為、路上に停めて 大体3分か4分ぐらいで離れたすきに

無念に「駐車違反」のシールを貼られてしまったことがある。

しかも、他人から借りたトラックであるにも関わらず。。。だ。

(当然出頭して、ご本人へ問題が行かない様にした)

とにかく

僅か1分たりとも 目を離したり隙きを作ってはいけない。

「緑の魔の手」には トイレに入っていたなどという

路上駐車をしていた言い訳など一切通じないからだ。

だが。。。。。

考えてみてほしい。

大型トラックが止まれる駐車場など

都市部に一体どれだけあるというのだろう?

路上駐車は確かに宜しくない。

確かに迷惑も掛けている事も事実だ。

だだ・・・・

彼らのやり方だと

私たち大型乗り・4トン車などの大きなトラック乗りには

都市部では 永遠にトイレに行くチャンス さえ貰う事が出来ない。

会社に駐車違反の通知が来た時

または、会社に駐車違反の報告を上げた時

「トイレに行ってて」。。。。

という言い訳で

駐車違反を勘弁してくれて

会社が違反を肩代わりしてくれて

反則金を支払ってくれた上で

「違反を忘れなさい」なんて

言ってくれる訳がないではないか。

それは

公務中とはいえ、私用に該当するというのが

通常の考え方だろう。

反則金を徴収されるハメになるし

会社が営業ナンバーの車両を違反させてしまった場合

恐らく クドクドと文句を言われる事だろう。

「違反切符」は

当然大型車両を違反させてしまば

反則金も(違反点数も)値上がりする。

「数分」

トイレ休憩の

わずか数分が、正に後悔の始まりというわけだ。。。。

こんなんだから

私は、便秘になるわ 痔になるわ。。。

なんと因果な商売だろう。。。

大きなトラックの運転手さん

かっこいい! と思うことは多いが

果たして・・・・・ と思う時もある。

そんな

駐車違反の問題

トイレへ安易に行けない。。。

悲しい
トラッカー特有の問題。

緑の制服を着た 「魔の手」の暗躍は

私たちは膀胱炎にしたり腸炎にさせる気である。

そんな 緑の制服を着た 「魔の手」 は

今日も あちこちで 

国庫金を稼いでいる。。。。orz

次回、

排気ブレーキって?

↓ ↓ ↓

http://80yamaru.com/brake/


「100円から始められるの?!」

新感覚投資ツールを、只今

12月上旬迄の「期間限定」で無料配布中❢

あなたも「リスク0」で稼ぎませんか?

必要なものは以下の2点 だけ。

■インターネットに接続されたPC

■収益受取の為の銀行口座

詳しくはこちらで確認して下さいね。

覗いて見るのはタダです❢

  ↓ ↓ ↓

muryo-haifu

※個人情報入力不要ですので、ご安心下さい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る